コラーゲンは海洋性、動物性や生コラーゲンなどの種類がある

コラーゲンというのは、実は働きの違いもありますが、その他にも種類の違いもあります。

種類の違いというのは、主に海か陸かの違いであり、例えば海洋性のコラーゲンの場合には、魚から抽出することが多くあります。

この魚などから抽出したコラーゲンというのは、主にフィッシュコラーゲンとも呼ばれているのです。

ちなみに、このフィッシュコラーゲンですが、もともとコラーゲンを組織しているタンパク質というのが、とても分解されやすいという特徴があります。

そのため食べると、吸収される前に胃とか腸などの消化器官で吸収されやすいというのが、このフィッシュコラーゲンのメリットであり、特徴と言われています。

さらには魚が主な材料なので、とても脂質が少ないしカロリーも低いので、食べて太る心配はありません。

さらに動物性と比べて、アレルギーに対しても反応が出にくいといわれているのです。

対して動物性は、どうなのかというと動物は主に牛や豚、鶏などから抽出されます。

特に最近は豚のトロトロ部分にコラーゲンが多く含まれているという事で、女性はどうも避けがちであった豚足部分などを積極的に、てびちなどで食べる方も増えているようです。

その他にもコラーゲンには3重螺旋構造になった生コラーゲンというものもあり、最近この生コラーゲンが特に注目を集めているようです。

コラーゲンにも、いろいろと種類があるので、どのコラーゲンがどのようにいいのか調べてみるという事も大事なのではないでしょうか。

ちなみに私は、『生コラーゲンの知識大放出サイト』というサイトを見つけました!